フリックのコツ

ミリシタのフリックは、コツさえ掴めば連続フリックも楽々できるようになります。「連続フリックはひとつずつ別々に取った方が確実」と思っている人も、これから紹介する内容を参考にしてみてください。

最重要ポイントは「始点を意識すること」!

ミリシタのフリックは始点をしっかり意識しましょう。ありがちなのが、手前から勢いよくフリックしてミスってしまうパターンです。サッカーのスライディングではなく、バスケットボールの切り返しのようなイメージでフリックするといいかもしれません。

悪い例

良い例

連続フリックは指を離さなくてOK

「ハミングバード」のMillion Mixに代表されるような、同方向のフリックが連続した配置。これはひとつずつ別々に取る必要はなく、リズムに合わせて指をスライドさせればすべて取ることができます。ここでも、始点をしっかり意識することが重要です。

悪い例手前からスライドを始めようとすると、うまく反応しません

ジグザグフリックも一気に取れる

難しいフリックの代名詞とされるジグザグフリック。「THE IDOLM@STER」や「自分REST@RT」、「ドリームトラベラー」のMillion Mixなどで登場します。これも個別に取る必要はなく、指を画面に付けたまま連続で対処できます

やはり、ポイントは始点と終点を意識することです。次のフリック位置を通り過ぎず、キュッと切り返すイメージでやりましょう。

覚えておくと便利なテクニック

ミリシタでは、次のような配置が非常によく登場します。

タップしたあと、同じところをフリック

この配置では、タップで指を付けたまま次のフリックもできますわざわざ指を離す必要はありません。指の忙しさが軽減されてミスりにくくなるので、意識してみてください。